自分の保持する建物が安くで手に入る?借地権とは

借地権について分からなければ不動産に相談しよう

借地権を利用する

借地権を利用するとお得に建物を手に入れられます。しかし、悩ましい部分もあるので、分からない点があれば、すぐに不動産に相談するようにしましょう。

大手と地域不動産を比較する

大手の不動産

大手の不動産の特徴になるのは、幅広い地域の物件を取り扱っているということです。その為、物件と物件の比較がしやすいというメリットが生まれるでしょう。

地域の不動産

地域の不動産は、親身な対応が特徴に挙げられるでしょう。ですから、初めての不動産取引であっても信頼ができるようになります。

自分の保持する建物が安くで手に入る?借地権とは

積み木と人形

借地権とは?

借地権という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。この借地権とは、第三者の土地を借りて、自分の建物を作るということが可能になる権利のことをいいます。

住宅の絵とスーツの人

借地権のメリット

固定資産税や購入費用を削減できるということが借地権の最大のメリットといえるでしょう。ですから、お得に自分が保持する建物が手に入るのです。

模型

メリットだけではない借地権

メリットだけを見てしまうと、誰もが借地権を利用したいと考えると思います。しかし、借地権には悩ましい問題もあるのです。その為、メリットだけではなく、どんな問題があるのかも把握しておいて下さい。

積み木

分からないことは不動産に相談しよう

メリットもデメリットもある借地権なので、利用する際は慎重に行なうようにして下さい。万が一、分からないことがあれば、専門知識のある兵庫の不動産に相談するようにしましょう。そうすれば、借地権を問題なく利用できます。

借地権に多い5つの悩み

電卓を持つ人
no.1

マンション売却

マンションなどの老朽化によって借地権を手放したいという人が多いです。しかし、マンション売却では借地権譲渡という地主の了承が要るので問題となりやすいといえます。

no.2

建て替え

大規模となる修繕が必要のとなれば、地主の了承が必要のなり問題が起きやすいといえます。しかし、小さな修繕なら地主の了承はいらないということを知っておきましょう。

no.3

更新

借地権で考えられる悩みの1つとなるのが、更新です。更新は、基本的に建物に問題がなければ悩みのタネにはなりません。しかし、建物にトラブルがあった際に、考え直す必要があります。

no.4

相続

万が一、借地人や地主が死亡した場合には相続という悩みが生まれます。ですから、相続のことを考えて事前に対応しておくことが大切です。

no.5

地代

地代の値上げが必要となる時も悩むことが多いです。これは、借地人との合意が欠かせないので注意しておいて下さい。

広告募集中